【予告】「福祉用具の日しんぶん2021」を発行します!

NO IMAGE

【予告】「福祉用具の日しんぶん2021」を発行します!

 毎年10月1日の「福祉用具の日」は、多くの人に福祉用具を知ってもらい、身近に感じてもらおうと、福祉用具関連団体が中心となって2002年に制定され、今年で20回目を迎えます。その趣旨に沿って、福祉用具の有用性などを広くお伝えする「福祉用具の日しんぶん2021」を9月中旬に発行します。

 新型コロナウイルスの影響により、自宅で過ごす時間が増える中、要介護者の自立支援、介護者の負担軽減を叶える福祉用具の力に、これまで以上に注目と期待が集まっています。今回も、福祉分野の第一線で活躍されている方々のご協力をいただき、ご利用者・ご家族やケアマネジャーなどの支援者へ、コロナ禍で一層力を発揮する福祉用具の選び方・活用法について、わかりやすくお伝えします。

 2002年の創刊以来、全国の福祉用具貸与・販売事業者様に、福祉用具の啓発ツールとして、この新聞をご活用いただいています。より広く、皆様に福祉用具への理解を深めていただくため、ぜひ本紙のご活用を賜りますよう、お願い申し上げます。

【予約受付中!】福祉用具貸与はじめ介護事業所様などに、特別価格で頒布いたします!

「福祉用具の日しんぶん2021」は、1部300円(税・送料込)で予約受付中です。
このサイトの「購読申込」ページより、ご注文ください。
(プルダウンで「2021」を選択いただき、ご希望の部数をご入力ください)

また、福祉用具貸与事業者様などに、100部単位で1部85円(税・送料込)にて頒布いたします。
(※100部の場合=85円×100部=8,500円、どなたでもお申し込みいただけます)
以下のPDF「頒布のご案内」にあるお申込書に、必要事項をご記入の上、弊社までFAXでお申し込み下さい。
または、このサイトの「購読申込」ページでも、ご注文いただけます。
(プルダウンで「2021」を選択いただき、ご希望の部数を100部単位でご入力ください)

「福祉用具の日しんぶん2021」頒布のご案内

2110_fygday.pdf (1.2 MB)

介護のお悩み 福祉用具で解決!~専門家がやさしく解説

 (18911)

特別座談会「在宅介護の継続を支える福祉用具サービス」

 ジャーナリストの細川珠生さんは、父(政治評論家・細川隆一郎さん)の介護に加え、仕事のサポートにも奔走しました。その体験をもとに、在宅介護をサポートする福祉用具の役割などを、お話いただきます。
 (18914)

【インタビュー:ユーザーに聞く】 猪狩ともかさん(仮面女子)

 アイドルグループ「仮面女子」のメンバーとして活躍する猪狩ともかさんは、2018年の春に歩道を歩いていたとき、強風で倒れてきた看板の下敷きになってしまいました。この事故により脊髄を損傷する大けがを負いましたが、ファンやメンバー、家族らの支えを受けながらリハビリに励み、約4カ月後に車いすに乗ってステージに復帰しました。
 その後も積極的に活動する猪狩さんに、車いすとともに過ごす日常やアイドル活動などについて聞きます。
 (18917)

今後の福祉用具施策/「福祉用具の日」推進協議会 参画団体の活動

 (18925)

 (18923)

元のページを表示 ≫

関連する記事

続きを見る(外部サイト)

ケアニュースカテゴリの最新記事