都中小企業へ障がい・高齢者向け製品の販促費助成 最大150万円

NO IMAGE

都中小企業へ障がい・高齢者向け製品の販促費助成 最大150万円

 東京都中小企業振興公社は今年度、新たに「障害者向け製品等の販路開拓支援事業」の募集を開始した。パラスポーツ関連の製品等や障がい者・高齢者向け製品等の製造・販売に取組む都内中小企業に対し、販路開拓のための展示会出展やウェブサイト制作、広告費等に係る経費の一部を最大150万円助成する。

 都内に本店または支店をもち、実質的な事業活動を1年以上行っている中小事業者(個人事業主含む)を対象に、①展示会等参加費(オンライン含む)②ECサイト出店初期登録料③自社ウェブサイト制作・改修費④印刷物やPR動画制作費、広告費――について3分の2を助成する。
中小企業者(法人または個人事業者)

中小企業者(法人または個人事業者)

助成対象経費

助成対象経費

 障がい者・高齢者向けの支援製品は「学ぶ」「働く」「住む」「暮らす」「楽しむ」のいずれかに該当するもの。例として▽入浴・排泄・食事等の介護関連製品▽コミュニケーション・見守り機器▽福祉車両▽スポーツ・文化、レクリエーション関連製品▽教育関連製品・サービス▽建築・住宅設備――などを挙げる。

 今年度第1回の申請エントリー締切は6月17日。エントリー後、6月24日までに申請書を提出し、審査を経て交付が決定した場合、9月1日~来年9月30日を対象期間に助成が行われる。

 以後、第2回(申請エントリー7月1日~8月17日)、第3回(9月1日~10月17日)、第4回(11月1日~12月16日)と全4回を予定。

 募集要項、申請様式のダウンロードなどは同公社ホームページ(https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/shogaisha.html)まで。

元のページを表示 ≫

関連する記事

続きを見る(外部サイト)

ケアニュースカテゴリの最新記事