プライバシーに配慮したトイレでの見守りを実現「kizkia-Knight(きづきあ-ないと)」

NO IMAGE

プライバシーに配慮したトイレでの見守りを実現「kizkia-Knight(きづきあ-ないと)」

 三菱電機インフォメーションシステムズ(東京都港区)は赤外線センサでプライバシーに配慮して、トイレでの転倒の早期発見に繋げる見守り機器「kizkia-Knight(きづきあ-ないと)」を発売している。

危険な体制を検知し、シルエットで表示

危険な体制を検知し、シルエットで表示

センサが取得した温度データをAIが解析してシルエット画像に変換する。カメラと異なり顔や衣類着用の有無は見えず、プライバシーにも配慮している。

 さらにトイレやベッドでの「転落」や「危険な体勢」を検知して、職員のスマートフォンやパソコンに通知。通知画面では利用者の現在の様子の他、転倒・危険体勢時の様子が動画で確認できる。各居室の状況は「空き」「使用中」「見守り中」「倒れこみ」が一覧で表示される。

各居室の状況を一覧で表示

各居室の状況を一覧で表示

 センサは小型で、両面テープで設置可能。取り外しも簡単。インターネット環境があればすぐに利用できる。

 価格は要問合せ。

 三菱電機インフォメーションシステムズ(東京都港区)より発売。

 ☎03-5445-7500

 (18793)

(シルバー産業新聞2021年8月10日号)

元のページを表示 ≫

関連する記事

続きを見る(外部サイト)

ケアニュースカテゴリの最新記事