EMシステムズ「MAPs」介護/福祉版リリース

NO IMAGE

EMシステムズ「MAPs」介護/福祉版リリース

 EMシステムズ(大阪市、國光宏昌社長)は業務支援システム「MAPs for NURSING CARE」をリリース、8月1日より出荷を開始した。初期ライセンス費無料、月額8,000円~(税抜)の低価格で中小事業所でも導入しやすい。

 クラウドシステムを採用し、インターネット環境があれば既存のPC・スマホ・タブレットでどこでも使用が可能。「端末が足りない」「訪問先で入力できない」等の困りごとを解消する。国保連の伝送機能を標準搭載し、請求~伝送業務もワンストップで簡便に。

 「MAPs」シリーズはクリニック向け(約500ユーザー)、調剤薬局向け(約1500ユーザー)に続く3製品目で、医科・調剤・介護/福祉の3分野をカバーする業界唯一のサービスとして、薬剤・服薬情報の共有によるLIFE入力の簡素化など、システム間のスムーズな情報連携を実現し、業務効率化を助ける。

 「MAPs for NURSING CARE」の対象サービスは訪問介護、訪問入浴介護、夜間対応型訪問介護、介護予防・日常生活支援総合事業の訪問型サービス。今後、居宅介護支援や通所、施設、地域密着型などへの対応も順次進めていく。障害福祉サービスの居宅介護、重度訪問介護、行動援護、同行援護、地域生活支援(移動支援)にも対応。今後、就労系サービスや放課後等デイサービス、保育所等訪問支援、児童発達支援、相談支援などへの対応も順次進めていく。

 同社ウェブサイトより「無料お試し版」。

8/30「生産性向上」テーマに無料オンラインセミナー

 (20931)

 EMシステムズでは無料オンラインセミナーを定期開催している。8月30日(火)は全国介護事業者連盟理事長・斉藤正行氏が「介護現場における生産性向上について」をテーマに登壇する。

 開催時間は16~17時。申込み(ウェビナー登録)はコチラより。

元のページを表示 ≫

関連する記事

続きを見る(外部サイト)

ケアニュースカテゴリの最新記事