CBnews

2/4ページ
  • 2021.07.26

東京の入院患者、高流量の酸素投与必要な患者増加-厚労省、コロナアドバイザリーボードの分析公表

東京の入院患者、高流量の酸素投与必要な患者増加-厚労省、コロナアドバイザリーボードの分析公表  厚生労働省は21日、第44回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの感染状況の分析・評価などを公表した。東京の感染状況について「入院者数や調整中の者は増加傾向であり、高流量の酸素投与が必要な患… 続きを見る(外部サイト)

  • 2021.07.21

不妊治療、国の助成金は21年度で終了-保険適用に移行、中医協で議論開始

不妊治療、国の助成金は21年度で終了-保険適用に移行、中医協で議論開始  厚生労働省は21日、関係学会のガイドラインに基づいて人工授精や体外受精など不妊治療の保険適用の範囲などについて検討する方針を、中央社会保険医療協議会の総会に示した。2022年度からの保険適用の拡大を目… 続きを見る(外部サイト)

  • 2021.07.21

地域医療確保加算、診療側が要件緩和を要望-支払側は「前回改定の検証を」、中医協

地域医療確保加算、診療側が要件緩和を要望-支払側は「前回改定の検証を」、中医協  中央社会保険医療協議会の総会が21日に開かれ、診療側の委員は、医師らの「働き方改革」を進めるため、2022年度診療報酬改定での「地域医療体制確保加算」(入院初日520点)の要件の緩和などを求めた。支払側… 続きを見る(外部サイト)

  • 2021.07.21

費用対効果評価、専門組織の検討期間も設定-中医協部会、制度の細部を見直し

費用対効果評価、専門組織の検討期間も設定-中医協部会、制度の細部を見直し  中央社会保険医療協議会・費用対効果評価専門部会は21日、次期制度改革に向け、費用対効果評価専門組織から意見を聞いた。専門組織は、▽専門組織の検討の期間▽専門組織の検討内容▽患者割合のデータの取り扱いと… 続きを見る(外部サイト)

  • 2021.07.21

東京で入院患者急増、10歳未満・30代重症例も-都がコロナモニタリング会議の専門家意見公表

東京で入院患者急増、10歳未満・30代重症例も-都がコロナモニタリング会議の専門家意見公表  東京都新型コロナウイルス感染症モニタリング会議(第55回)が21日、都庁で開かれた。公表された「専門家によるモニタリングコメント・意見」では、若年・中年層を中心とした新規陽性者数の急速な増加に伴い、入… 続きを見る(外部サイト)

  • 2021.07.21

フォーミュラリの診療報酬評価で意見対立、中医協-後発医薬品調剤体制加算は加算前提に見直しへ

フォーミュラリの診療報酬評価で意見対立、中医協-後発医薬品調剤体制加算は加算前提に見直しへ  厚生労働省は21日の中央社会保険医療協議会・総会に、次期診療報酬改定に関する「個別事項(その1)」の論点を提示。「医薬品の適切な使用の推進」では、骨太方針2021に記載されたフォーミュラリの活用に、日本… 続きを見る(外部サイト)

  • 2021.07.21

コロナ治療薬の治験、被験者募集チラシ配布は可能-厚労省が都道府県などに事務連絡

コロナ治療薬の治験、被験者募集チラシ配布は可能-厚労省が都道府県などに事務連絡  厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部は、新型コロナウイルス感染症治療薬の治験に係る被験者募集の情報提供の取り扱いに関する事務連絡(16日付)を、都道府県、保健所設置市、特別区の衛生主管部(局… 続きを見る(外部サイト)

  • 2021.07.21

東京のコロナ変異株、20・30歳代が半数占める-対策本部がスクリーニング状況を公表

東京のコロナ変異株、20・30歳代が半数占める-対策本部がスクリーニング状況を公表  東京都新型コロナウイルス感染症対策本部は20日、新型コロナウイルスの変異株スクリーニング状況(変異株PCR検査など)を公表した。東京都健康安全研究センターと民間検査機関などで検査を実施した791例のうち… 続きを見る(外部サイト)

  • 2021.07.21

院内転棟を駄目としたら何が起きるのか-データで読み解く病院経営(129)

院内転棟を駄目としたら何が起きるのか-データで読み解く病院経営(129) 【株式会社メディチュア 代表取締役 渡辺優】■地域包括ケア病棟への院内転棟割合は5割を超えている 2020年度病床機能報告のデータを基に、地域包括ケア病棟入院料を算定する病棟(病室単位の… 続きを見る(外部サイト)

1 2 4